のぼりは武士にかかせないものだった

のぼりびっくり情報

のぼりの歴史を見てみると武士たちが大きくかかわっていることがわかります。武士にとって欠かせない物でした。

のぼりびっくり情報のメイン画像

のぼりは武士にかかせないものだった

コンビニエンスストア、スーパーなどで見かけるのぼり、私たちは毎日のようにこの旗のようなものを目にしています。

激安とか大安売り、産地直送などのその日の特売などを知らせるのぼりや、おでん、鍋、ソフトクリームなどの季節感ある食べ物の販売を知らせるもの、新発売の商品を知らせてくれるのものぼりです。

部活でも応援のぼりが利用されていますし、プロスポーツの応援などでも見かけますね。

最近ではネットの普及により、個人でも気軽に購入することが可能になったためより多くの場所で見かけるようになったのではないかと思います。

のぼり販売店について⇒のぼり製作所|格安オリジナルと既製品のぼり700円~

このように現代でも何かを知らせたいという時、のぼりは大活躍しています。

しかし実はこののぼり旗、武士たちになくてはならないものだったというのはご存知でしょうか。

歴史は平安自体にさかのぼります。

当時武士たちは自軍の規模、装備のすごさなどを誇示するため、また戦いの際敵味方を見分けるために木の棒に長い布をひもでつるし利用していました。

これは流れ旗と呼ばれるものです。

その後、同じ一族の中の武士同士が争うようになった時、同じ色の流れ旗を利用していたため混乱が生じたため、見分けるために布の二つの辺を木に結び付け区別をしたことで、流れ旗とは違う旗が登場しました。

これが、のぼりの起源といわれています。

戦国時代の武将たちを表すとき、必ずといっていいほど、家紋、武士を表す色、それを利用したのぼりが登場します。

時代劇や戦国時代の映画などにも武士たちが戦いに出向く際、また戦いの際に、のぼりをかげている姿、自陣のまわりをのぼりで囲む様子を目にしたことがあるでしょう。

戦国時代にはこうした軍容を知らせる、また自軍の目印として利用されてきたのぼりは、現代、広告や応援、お知らせなどに利用されるようになりました。